ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

あなたが行きたい場所へたどり着くために一番大切なこと。

ルシアです。

僕らはなりたい自分になるためにいろんな努力をします。

「家でじっとしていたらある日夢が叶った」

「ワクワクさえしていれば大丈夫」

なんてことはあるはずも無いので、

いろいろと試行錯誤するわけです。

f:id:wkwkdeikou:20160324043139j:plain

のなかでやっぱり今の問題点を解決しようと、

いろんな本を読んだりセミナーに行ったりしてノウハウを身につけようとします。

そういう行動をしてしまうのは何よりも

「今の状態を改善しなければならない」と考えているからです。

「今いる場所にいたくないから」

それが動機になってしまうのはよく分かります。

そう考えるのが自然だとも思います。

でもじつはそればかりでは辿りつきたい場所に

あなたがたどり着くことはとても難しいのです。

 

「このままでは嫌だ」

「嫌な目にもうこれ以上会いたくない」

それは人間としてとても自然な感情であり欲求ですが、

その感情に伴っているイメージは、

あなたの「いたくない場所」つまり現在地であって、

「行きたい場所」つまり「なりたい自分」ではないはずです。

 

「あそこに行きたいからそこへ行く方法を考える」

というアプローチと

「ここが嫌だからここから脱出する方法を考える」

というアプローチは

潜在意識に及ぼす影響が真逆になってしまうのです。

 

「現在地を否定しない」と言ってしまえば簡単ですが、

ともすればそれは「今を認めよう」という考え方に

安易につながったりもします。

厳密に言えば「今の自分」を認める必要すら無いのです。

「認めよう」とすれば「認めなければ」と思ってしまい、

タスクやノルマをいたずらに増やすだけになってしまいます。

認める必要も、許す必要もありません。

 

なたが向かいたい場所に向かうときに必要なのは、

現在地の把握と行き方、だけなのです。

今どこにいるのかを知ることは必要ですが、

そこをあえて認めたり許したりする必要は無いはずです。

行きたい場所へのルートと行き方さえ分かっていれば、

ちゃんとそこへたどり着けるのです。

ナビで目的地を設定するときに、

わざわざ現在地を「認めよう」とはしないはずなのです。

 

のあなたのいる場所が未来へのスタートライン。

そこに良いも悪いも無いのです。

認める必要も許す必要も無く、

ただ把握すれば、それでいいのです。

 

入り口部分を簡単にまとめてみました。

よかったらこちらもどうぞ。

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

少しだけご用意しましたが、次の募集は未定です。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

ポチッと応援よろしく願いします

 

 

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇