ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

⑲あなたが感じた「快」は「不快」に相殺されることなく積もっていくのです。

ルシアです。

今日は少し、昨日までの補足です。

最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。

「いくら「快」を感じて集めたからといって、

そんなに簡単にセルフイメージが変わるものなのか。」

「人間が不快に敏感なのはしかたがない。それはたしかに分かる。」

「でもそれなら、なおのこと、

せっかく「快」を感じて集めても、

そのあとに大きな不快を感じてしまったら、台無しじゃないか。」

その気持ちは分かります。

僕も最初はそうだと思っていました。

「いくら美味しいとか楽しいとか反芻しても、

会社で怒鳴られたり凹んだりしたら、やっぱりどんよりするし、

楽しい気分でなんかいられない」

そう思っていました。

f:id:wkwkdeikou:20161004050124j:plain

想論を言うつもりはありません。

その疑問を感じるのはとうぜんだと思います。

でも、それでも「快」と「不快」は相殺しないのです。

プラスマイナスにはならないのです。

いやなことがどんなにたくさんあったとしても、

あなたが集めた「快」はなんの影響も受けないのです。

影響を受けて台無しになっているような気がするのは

「気のせい」なのです。

 

ごく簡単に説明します。

あなたがお気に入りにお店で、友人と楽しくおしゃべりしながら、

美味しいランチを食べたとします。

でも、楽しすぎて、帰社がお昼の休憩時間を少し過ぎてしまい、

部長からひどく怒られてしまいました。

「せっかく美味しいランチ食べたのに、部長に怒られちゃって

楽しい気分が台無しだね」

なんて言ったりします。

ほんとうにそうでしょうか。

 

しかに、さっきまでの楽しかった気分が、台無しになったような気がします。

でも、部長に怒られても、

ランチの「美味しさ」は変わらないのです。

「美味しかった」と感じたあなたの感覚や記憶は、

なにひとつ変わっていないのです。

変わったのはランチの美味しさではなく「今の気分」です。 

前述したように、あなたのセルフイメージが、

あなたの受取ったイメージで出来上がっていくのなら、

「美味しかったランチ」はそのまま、なのです。

楽しいことも、嫌なことも、

それぞれが独立して、そこにあるのです。

 

なたが感じた「快」は、

あなたが感じた「不快」に相殺されることなく、

ちゃんとあなたが感じた分だけ、

着実にあなたのなかに積もっていくのです。 

 

なたが「快」を感じるたびに、

それは「どんなあなたで生きていきたいのか」ということを

潜在意識に伝えているのです。

 

 

☆今後のセミナーのご案内☆

◇10月15日 東京1Dayセミナー

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

たまにしか空いていませんが、

スケジュールが合えばぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇