ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

|―感情について

【動画】「潜在意識にイメージを入れることくらい、 誰だってみんなできている」

ガルシアです。 連休中ですが、みなさんいかがお過ごしですか? 短いですが今日は久しぶりに動画をご紹介します。 誰にでも潜在意識はあります。 潜在意識が無い人なんていません。 だから、誰にでも潜在意識の原則が当てはまります。 当てはまらない人なん…

潜在意識にあなたの善悪は届かない

ガルシアです。 一昔前に比べたら、 《強い感情が伴うと、潜在意識にイメージが入る》 ということについては、 かなり有名になってきました。 だからこそ、 「強い感情を伴わせて、潜在意識にイメージを入れよう」 というような言い方が出回ってしまうのです…

知らず知らずのうちに我慢してきたことに、あなたは気がついているか。

ガルシアです。 先日の大阪DXでいただいた質問ですが、 これまでにもDXの3回目くらいになると、 毎回必ず、同じような質問をいただきます。 ということは、これは過渡期において、 誰もがぶつかる疑問なのでしょう。 「嬉しかったことや楽しかったことなど…

感情も症状も、その《場》の状態が顕現したもの。

身体は食べ物でできている。 心も受け取った刺激でできている。 あなたの身体を作っているのは、 これまであなたが食べてきたもの。 あなたの心を作っているのも、 これまでにあなたの心が食べたもの。 心も身体も、 今までに与えられたもので、 その《状態…

「すでに、そうなっている自分をイメージしよう」とすると、セルフイメージは《すでに、そうなっている自分をイメージしようとしている人》になってしまいます。これでは、その自分に近づくことはできません。

ガルシアです。 なりたい自分や、欲しいものをイメージするときに、 「そのイメージをありありと具体的に明確にイメージして、 強い感情を伴わせましょう」 と言われることがあります。 というか、よく言われています。 で、出来なくて悩む人が多くいます。 …

【動画】「あなたがレモンを食べたわけでは無いのです」

ガルシアです。 GW中は溜まった動画をご紹介しています。 基本中の基本の話ですが、 ここの部分が、もっとも大きく 誤解されていると思っています。 潜在意識が受け取っているのは、 あなたのイメージだけで、 現実は受け取っていません。 このしくみを、本…

【動画】「『強い感情を伴わせましょう』というウソに、 騙されてはいけないのです。」

ガルシアです。 本格的にGW期間に突入しましたが、 みなさん、いかがお過ごしでしょうか(^_^) ぼくはうっかりしていたら、 なんやかんやでカウンセリングやコンサルや、 スタジオなどで、予定が埋まってしまいました・・・ せっかくの(?)GWなので、 ゆ…

「あなたの感じる感情はすべて正しい」というのは《間違い》です

ガルシアです。 以前、五感と感受性の違いについて書きましたが、 その先を少し書いてみます。 以前の記事はこちら つまり、 僕らは毎日、あらゆる出来事を《心》で受け止めています。 もちろん目で見たり、口でしゃべったり、耳で聞いたりしますが、 そのす…

イメージを潜在意識に入れる。誰でもできること。誰にもできないこと。

ガルシアです。 今日はイメージと感情と潜在意識の関係について、 誤解されやすい点について書いてみました。 これまでみなさんが思っていたこととは、 かなり違うと思います。 初めての方はこちらをどうぞ。 イメージに強い感情が伴うと、 そのイメージは潜…

どうすれば「幸せ」を感じやすい人になれるのか

ガルシアです。 今日は短めですが、昨日の記事の補足です。 初めての方はこちらをどうぞ。 「幸せになる」という言い方があります。 これは「幸せだと感じている状態になる」ということだと思います。 ということは「幸せ」はなるものではなくて、 感じるも…

すぐに悩んでしまう人と、あまり悩まない人の違い:補足

ガルシアです。 今日は先日の補足です。短めです。 初めての方はこちらをどうぞ。 先日こんな記事を書きました。 この記事では、すぐに悩んでしまう人と、 あまり悩みを抱えない人の違いを、 視点や関心の違いによって説明してみました。 その両者の違いは記…

そのジャッジの中にこそ、あなたの心のクセや思い込みがたくさん隠れているのです。

ガルシアです。 今日は過去記事をご紹介します。 初めての方はこちらをどうぞ。 ほぼ毎日のようにカウンセリングやコンサルティングを行っていますが、 先日もやはりこちらの話題になりました。 一昨年の記事ですが、よかったらどうぞ。 自分が素直に感じた…

なぜ、ぼくらは感情を排除して事態を冷静に分析できないのか。その理由としくみ。

ガルシアです。 今日はシンプルです。 でも、シンプルだからこそ、 その原則に例外は無いのです。 初めての方はこちらをどうぞ。 あなたに感情が芽生えた、ということは、 そこには必ずイメージがある、という事です。 感情とイメージはセットであり、不可分…

「状況を冷静に把握するために、感情抜きで考えよう」では、うまくいかない理由。

ガルシアです。 昨日の記事と少し違う角度で、 感情とイメージについて書いてみます。 初めての方はこちらをどうぞ。 感情をコントロールしたい、という人はとても多いと思います。 そのくらい自分の感情に翻弄されているのです。 なんとか感情をコントロー…

なりたい自分をイメージしようとしても、うまく出来ない理由。

ガルシアです。 今日は短いですが、イメージと感情について書いてみます。 あまり丁寧に説明していませんので、不親切です。。 初めての方はこちらをどうぞ。 こちらの記事にも書いていますが、 わたしたちは、起きた出来事に感情を抱くのではありません。 …

僕らは感情に翻弄されているわけではありません。

ガルシアです。 初めての方はこちらをどうぞ。 僕らは時として、他人や状況に感情を翻弄されてしまうことがありますが、 じつは他人や状況に翻弄されているわけではありません。 ましてや、感情に翻弄されているわけではないのです。 僕らはいつもイメージに…

まとめ:コミュニケーション概論

ガルシアです。 今回の連載でコミュニケーションについて書いたものをまとめています。 誰にでも存在すると言われている「承認欲求」の話から始めて、 「人はなぜ謙遜してしまうのか」 「自意識過剰という状態はどういう状態なのか」 「コミュニケーションの…

51.コミュニケーション概論6:感情の主導権

ガルシアです。 今回の連載はいったんここで終わりです。 今日は短めですが、とても大切な内容です。 コミュニケーション概論の初回はこちらからどうぞ。 ここまで書いたように「観察」とは、 ただ「見る」だけです。 「見た」ことによって、あなたが感じた…

㊹「イメージ」をするときのコツ:その1

ガルシアです。 今日は以前書いたイメージの仕方の補足を少し書いてみます。 あなたがイメージをする「ポイント」を見つける際に、 じつはちょっとした【コツ】があるのです。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 それは、イメージには距離感がとても…

まとめ:「現実」と「イメージ」について

ガルシアです。 あなたが「現実」だと思っていることの、ほとんどの部分は あなたが作り出した「イメージ」です。 そして「イメージ」にしか感情を伴わないのであれば、 あなたの感情は「現実」によって生み出されているわけでは無い、 ということになってし…

まとめ:なぜ人は「善悪」や「正誤」をこんなにも気にしてしまうのか。

ガルシアです。 わたしたちの感情には【快】と【不快】があるだけで、 そこに「正誤」や「良し悪し」や「善悪」は存在しない、 ということと、なぜわたしたちは、 ついつい自分を正当化しようとしてしまうのか、ということについて書いています。 感情が伴っ…

まとめ:潜在意識の原則

ガルシアです。 コミュニケーションの話の前に、これまでの連載をテーマ別にまとめてみます。 世間で誤解されている「潜在意識」というものの定義の話から入って、 感情やイメージと潜在意識の原則について書いています。 まずはこのあたりの原則を中心に考…

㊴「すでにそうなっているところをありありとイメージしましょう」では、なぜうまくいかないのか。

ガルシアです。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 イメージするときは、 「どんな自分になりたいのか」 「なりたいあなたをイメージする」がもちろん基本ですが、 それをイメージするときは 「もしもそうなったとしたらどんな感じがするのか」 を感…

㊳あなたの情熱はどこにあるのか。

ガルシアです。 最近の連載の後半部分をダイジェスト的に書いてみました。 最近の連載を最初から読む方はこちらからどうぞ。 あなたの情熱はどこにあるのか。 あなたの「快」はどこにあるのか。 MUSTがあるから、自分の「快」が分からなくなっている。 まず…

㉞僕らは感情の波に心をさらわれているのでは無く、イメージの波に心をさらわれているのだ。

ガルシアです。 今日は短いです。というよりも、ちょっとひと言、です。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 感情はコントロールできない イメージは意図的に思い浮かべられる。 感情は必ずイメージに伴う。 イメージのないところに感情は湧かない。 …

㉜僕たちは現実に対して感情を抱いているわけではありません。

ガルシアです。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 ここのところ連載がずっと続いていますが、 もう少ししたら、ちょっとひと段落置いて、 これまでの連載を簡単にカテゴリー別に整理してみたいと思っています。 もう少し続けます。 これまでの連載…

㉔感情に「良し悪し」も「正しい」も「間違い」も無い。

ガルシアです。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 つまり、わたしたちは悩んだときに、ついつい 「どうすればいいのだろう」と、 正解や良し悪しを探そうとしてしまいます。 でも、その「正解を探そうとしてしまう」という思考そのものが、 あなた…

⑭わたしたちが「不快」に敏感なのは、それが「絶滅」を逃れる唯一の手段だったから。

ガルシアです。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 昨日の続きです。 昨日のブログはこちら 不愉快なことをいつも思い出すような毎日を送っていると、 あっというまに「不幸」になれそうな気がするのに、 楽しいことばかりをいつも思い出すようにし…

⑬なぜ、不快を集めたら不幸になる気がするのに、快を集めても、幸せになれる気がしないのか。

ガルシアです。 過去記事は膨大な情報量ですが、初めての方は 1年分くらいさかのぼっていただけると、 だいたいお分かりいただけると思います。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 これまであなたが人生の中で受取ってきたイメージは、 「無かった…

⑩セルフイメージは意識的に上げたり高くしたりできない、その理由とは。

ガルシアです。 最近の連載が初めての方はこちらからどうぞ。 ちなみに「セルフイメージを上げよう」とか 「高いセルフイメージを持とう」と言われているのは、 【セルフイメージ】という概念の中の、 【自己評価】という極めて狭い範囲の概念だけを指してい…

⑦「思わず、強い、大きな感情を感じてしまうようなイメージ」こそが潜在意識にしっかりと伝わっている。

ガルシアです。 過去記事は膨大な情報量ですが、初めての方は 1年分くらいさかのぼっていただければ、 なんとなくお分かりいただけると思います。 最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。 潜在意識を使えていない人はいない。 潜在意識はイメージしか受…

⑤「感情をコントロールしたい」とは、「次はもっとなりたい自分に近づきたい」という願望のこと。

ガルシアです。 過去記事は膨大な情報量ですが、最近連載で書いています。 初めての方は、ここからどうぞ。 「感情はコントロールできない」 とは言うものの、 そうは言っても「コントロールできるものなら、コントロールしたい」 と思ってしまうのが人間で…

④とっさに感じた感情は、コントロールすることなど出来ない。

ガルシアです。 過去記事は膨大な情報量ですが、最近連載で書いています。 初めての方は、ここからどうぞ。 レモンや梅干など、目の前でだれかがすっぱいものを食べると、 思わず唾液が出てしまう。 この反応の中には潜在意識の大切な原則がいくつも隠れてい…

なぜ感情はコントロールできると思い込まされてしまったのか。

ガルシアです。 今日はご自分の過去の感覚に照らし合わせてお読みください。 初めての方はこちらをどうぞ。 美味しさの大きさはコントロール出来ない、と分かるのに、 なぜ嬉しさはコントロール出来ると思ってしまったのか。 なぜそこに矛盾があることに、今…

あなたが好きなものを手に入れるために、嫌いな食べ物を克服する必要など無いのです。

ガルシアです。 私たちは毎日大きなものからちいさなものまで、 じつにさまざまな感情を感じながら生活しています。 あなたが日々の暮らしの中で、 なにをどんな風に感じているのか。 その感じ方は人それぞれであり、 あなたとまったく同じように感じている…

あなたの感情は必ずイメージにしか伴わない

ガルシアです。 短めです。 短めですが、ちょっと読んだだけでは、 「そんなバカな。。」と思うと思います。 信じられない、というか、 そんなはずは無い、と思うはずです。 でもちゃんと深く考えたら、 例外なくどんな場合もそうなっているはずなのです。 …

【動画】「大好きなお好み焼きを嫌いにはなれないのです」

ガルシアです。 久しぶりに動画をご紹介します。 大阪でのセミナーなのでお好み焼きがたとえ話に登場しています ^_^ 僕らはセミナーや本で読んだりすると、 まるで感情がコントロール出来るかのような気がしてしまいます。 でも、あなたの感情はコントロール…

感情はコントロール出来ない。その理由。

ガルシアです。 「感情をコントロールしたい」と思っている方は多いと思います。 「感情をコントロールする方法」も本やセミナーでよく見かけます。 ほんとうに感情はコントロールできるのでしょうか。 あなたが美味しいものを食べた時に「美味しい♪」と感じ…

強く願っても夢は叶わない。

ガルシアです。 「夢を叶えたい」と多くの人が願っています。 そのために「強く願えば夢は叶う」とよく言われています。 ほんとうにそうなのでしょうか。 「強く願うことが大切です」とも言われます。 強く願うと夢はほんとうに叶うのでしょうか。 夢が叶わ…

③感情に良い感情も悪い感情も存在しない理由。

ガルシアです。 正月であることをいいことに(?) 連載でつらつら書いています。 今日で早くも三日目ですが、 どんなお正月を過ごしていますか。 「一年の計は元旦にあり。正月こそ無駄に過ごしてはいけない!」 というのもまたイメージです。 さて、昨日は…

あなたがなにかの感情を感じたとき、 そこには必ず自分の未来に対するなにかのイメージがあるのです。

ガルシアです。 ぼくらは起きた出来事に感情を持つことはありません。 のっけから訳分かんない話ですみません。。 じゃあ、なにに感情を持つんだよ、って話ですが、 感情を持ってしまうのは【イメージ】に対してだけ、です。 「感情を伴ったイメージは潜在意…

あなたが妬んだり羨んだりするのは、そこに憧れがある、ということ

カウンセリングをしていると時々「良い感情」「悪い感情」という話になります。 感情に良いも悪いもありませんが、 良い感情、悪い感情 マイナスの感情、プラスの感情 ポジティブな感情、ネガティブな感情、 感じてもいい感情、感じないほうがいい感情、 こ…

どちらでも構わないのです。

いつから我慢しないことが素晴らしいことになったんだろう。いつから、自分の感情を我慢せず解放することが素晴らしいことになったんだろう。「押さえつけちゃダメ」「素直に感じること」「十分に味わい尽くすこと」我慢しないほうが素晴らしくて我慢するの…

感情の主導権

あなたが美味しいと感じる感情と、誰かにバカにされたと感じて怒りを覚える感情はじつは明確にその種類が違います。あなたが自然と心から素直に感じていることと、誰かや周りからの刺激に左右されてあなたの心がかき乱されるのは、明確にその種類が違うので…

感情とはなんでしょう。

昨日の続きです。昨日の記事はコチラ さて、感情とはなんでしょう?「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「美味しい」「マズイ!」などなど心が思わず動いた時が感情が芽生えた時です。少なくとも僕には【意図的に】その気持ちを大きくしたり小さくしたりは出来な…

出来ないと思うんだけどなぁ。。

ワクワクで行こう♪を始めて9年になりますが、最初のころから何度も言い続けている事があります。1DayでもDXでもそしてプレミアムやマスターコースでも。それでもなお僕自身が自分にとってとても大切だと思うので、やはりなんども同じことを繰り返し伝…

影響を受けたい環境は?

昨日の続きです。 これが自然とできているうちは問題ないのですが、実は悩んで煮詰まっている時には、その行動がもう自然と取れなくなってしまいます。でも。そんな時こそ環境を変えてみる。自分ひとりのチカラや根性で何とかしようとしない。・・・・・・・…

ポジティブ他力本願

ワクワクで行こう♪にはポジティブ他力本願という考え方があります。普通は他力本願という言葉は、あまり良い意味で使われることはありません。他人を当てにする、とか自分では何も努力しない、とか。でも、時には一人で解決するのではなく、他人の力や環境を…

もしももっと素敵な自分だったら。。。

昨日の続きです。まだの方は↓こちらからどうぞ♪ どんな感情がやってきても、それが今の自分。今の自分の等身大。そうは言ってもやはり不快な感情をもってしまったら気になるものは気になります。。人間ですから。。そんなときに大切なことは【どんな反応をす…

ウマい、マズイは善し悪しじゃない。

人は一日の中で色んな感情を味わいます。朝から些細なことで憂鬱になったり、不機嫌になったり。かと思えば夕方にはそんなこともすっかり忘れて元気になっていたり。それが人間なんだと思います。どんな感情がやってきても、それが今の自分。今の自分の等身…